日本の四季
春春のリンク
夏夏のリンク
秋秋のリンク
冬冬のリンク

コンテンツ

債務整理

債務整理を相談するなら弁護士みお。

債務整理とは、簡単にいえば借金などの支払い義務の整理です。

法律で決められている利率や返済方法などは、個人では解りづらく、弁護士・司法書士に相談することで、早期解決を望めます。

債務のことでお困りなら、まずは弁護士・司法書士に相談してみましょう!
また、債務整理にはいくつかの方法がありますので、専門家と相談して自分に合った解決方法を見つけると良いでしょう。

旧姓での取引に関する債務整理と過払い請求

結婚前に借り入れをしていた場合には、すでに現在と名前が変わっていて住所も変更していることが多く、貸金業者に住所変更の届けを出していない場合もあると思います。このような場合には債務整理をすることができるのでしょうか。

答えはYESです。旧姓のままの登録であっても、すでに債務整理を行った人や過払い請求に成功した人はたくさんいます。

弁護士に依頼をすれば、弁護士事務所側から連絡をしてくれて手続きを行ってくれますから、貸金業者に対して住所変更などの届け出をする事は必要ない場合が多く、過払い請求によって返還される事も多いです。

債務整理の相談費用

日本全国で借金問題に頭を抱える人は多いようです。

借金をしている場合、過払い金が発生している場合があります。借金問題に頭を抱えている人の中には債務整理や過払い金請求をする人が多い様です。

これほどまでに借金問題で頭を抱える人が増えてしまった背景には、過払い金が自分で計算して割り出すのが難しいという点と、過払い金を返済してもらうには金融機関と交渉を行わないといけないため弁護士や司法書士に依頼しないと難しく、その債務整理の相談費用で頭を抱えている人が多いようです。

そのため、返済される事なくそのままの状態で放置されている過払い金も少なくないようです。

債務整理は借金の金額に応じて決める

債務整理は、借金の金額に応じて決めることが多いです。300万円以上なら個人再生や自己破産を選ぶことが多いようです。しかし、年収が300万円の人にとっては、200万円の借金でも返済していくことは厳しいかもしれません。

年収が1000万円なら、300万円程度なら債務整理をしなくても問題なく返済していけることも多いでしょう。年収に対してどのくらいの負担になっているかで、決めるのがよさそうです。少しでも負担が大きいと思ったら、早めに弁護士に相談をしましょう。任意整理で解決をしてしまうのが、一番デメリットの少ない方法です。

弁護士に債務整理を依頼しても家族にはばれない

弁護士に債務整理を依頼しても、家族にバレることはありません。その理由は、自宅に特に連絡がくるわけではないからです。むしろ、貸金業者から取り立てがやむので、電話などでばれてしまうことが無くなります。

そして、弁護士は各業者と交渉をして、債務者が支払っていけるような内容の合意を取り付けてもらうことができます。もちろん、すべての業者が応じるとは限りませんが、回収がゼロになるよりは良いと考えることも多いため、その成功率は意外と高いです。以上から、家族にバレたくない方も弁護士に債務整理してもらって構いません。

債務整理の特定調停ってなに?

債務整理の特定調停の手続きを取ることによって、大幅に経済的な負担を軽減できることがあるため、信頼度の高い法律事務所にいち早く問い合わせをすることが有効です。

現在のところ、債務整理の重要性に関して、多方面のメディアで分かりやすく紹介が行われる機会が増えてきており、いざという時のために、同じような立場の人のレビューに目を通しておくことが欠かせません。その他、継続的にアフターサポートがきちんとしている法律事務所の実績の良しあしを調べることで、誰しも契約先をスムーズに見つけることができるようになります。

債務整理においての任意整理とは

債務整理とは、借金で首が回らなくなったときに、法律で円満に解決をする方法となります。種類がいくつかあり任意整理や、個人再生、民事再生、自己破産などの手段があります。債務者の支払い状況や、所有している財産、返済能力などの情報を考慮し、債務者に適した債務整理を提案して下さいます。

その中でも任意整理は、裁判所を通さずに行いますので、他のものよりかは手続きが簡単で、債務者と債権者での話し合いとなり、債権者側への交渉ごとも弁護士が代理で行って下さいます。大阪などにある弁護士事務所に相談してみる事が大切です。

債務整理における任意整理とは

債務整理は返済ができなくなった借金を、法的に解決できる手段となります。いくつか種類があり、任意整理や特定調停、個人再生、自己破産などの手段があります。自身が抱える借金の額や、保有する資産、返済能力などのさまざまな角度から、その人にあった手段で解決する方法があります。

その中でも任意整理の場合は他の3つの手段とは異なり、裁判所を通さずに解決する事が可能です。債権者と債務者が話し合って、借金の減額を交渉によって合意することが解決する方法となります。他の3つは裁判所を通さなければいけなくなり、手続きも複雑になってきますので、その際には東京や大阪などの都市部から、弁護士を探すことをお薦めします。

債務整理の中で自己破産はできなくなってしまう場合がある

債務整理において、自己破産は、他の二つの方法と違い、借金をした経緯によっては申請が通らなくなってしまいます。

どんな事をすると申請が通らなくなるというと、財産があるのに手放さないようにすむように、財産の名義を変えたりする財産の隠匿や、収入を大幅に超えた買い物やパチンコやギャンブルなど、著しく財産を減少させてしまっている場合、偽の取得証明書の提出、身分証明書の提示などで使用情報をわざと偽り借金をしたりなどといったことです。

これらに該当する項目の全て、必ず自己破産をすることができないわけではありませんが、免責不許可事由として、破産法で定められております。

債務整理に関する記事

トップページサイトマップ制作者紹介